11の出会いが恋になる。=New York, I Love You/ニューヨークアイラブユー=ファンサイト

11の出会いが恋になる。

NYを舞台に繰り広げられる、11の出会いが恋になる。さまざまな形の「愛」の物語「New York, I Love You/ニューヨークアイラブユー」。

概要

ニューヨークを舞台に「愛」をテーマにした作品。複数の監督が短編映画を製作したが、オムニバス映画ではない。前作にパリを舞台にした『パリ、ジュテーム』(2006年)がある。

未完成のまま2008年の第33回トロント国際映画祭にて初上映された。女優のスカーレット・ヨハンソンも監督をしたが、全編カットされた。2010年8月27日に発売された日本版DVDには同作が特典映像として収録されている。

日本では2009年秋にザナドゥー配給で公開予定だったが、同社が経営破綻。IMJエンタテインメントとマジックアワーの配給により、2010年2月27日に公開。

ストーリー

中年紳士ギャリーから財布をすったスリのベンは、財布の中にあった写真の美女モリーを街で偶然見かける……。47丁目ダイヤモンド取引所のジャイナ教徒のインド人ダイヤモンド商マンスークバイのもとへ、結婚間近の厳格なハシディズム系ユダヤ教徒の仲買人リフカが訪れる……。アパートにこもって映画音楽を作曲する作曲家デヴィッドは、顔も知らない監督アシスタントのカミーユから、電話で監督の奇妙な指示を伝えられる……。レストランの前で、男は魅惑的な女にタバコの火を貸し、それをきっかけに女を口説き始める……。最近失恋した17歳の若者は、近所の薬剤師リッコリから卒業プロムに一緒に行くようにと美しい娘の写真を見せられる……。数日前に一夜限りのつもりで愛を交わしたリディアとガスは再会のためバーへと向かう……。元オペラ歌手イザベルは5番街にあるホテルにチェックインし、腰に障害のある外国訛りの若いホテルマン・ジェイコブと出会う……。セントラル・パークで黒人青年ダンテが、幼い白人の少女テヤの遊び相手をしている……。チャイナタウンで働く若い中国人女性にインスピレーションを得た画家は、記憶をもとに彼女の顔を描き始めるがどうしても目だけが描けない……。レストランの前で中年ビジネスマンのアレックスがタバコを吸っていると、魅力的な女性アンナがタバコの火を借りに来る……。せっかちで心配性の妻ミツィーと夫のエイブの老夫婦は、歩きながらいつまでも延々と口げんかを続ける……。ビデオアーティストのゾーイはそんな様々な人々の様々な愛が生まれる街ニューヨークを撮影していく……。

監督と出演

前作「パリ、ジュテーム」

パリ、ジュテーム』(Paris, je t'aime)は、2006年のフランス映画。世界中の18人の監督による「愛」をテーマにした短編オムニバス映画である。パリ20区のうち18の区を舞台に、1区につき約5分間の短編映画にしている。

第59回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」オープニング作品。

2009年にはニューヨーク編となる『ニューヨーク、アイラブユー』が同じエマニュエル・ベンビイ製作で公開された。

各話

()内は舞台となった区

他2話

11区と15区はオムニバスの中に組み込まれなかった。

監督別