コミュニケーションこそ全て

コミュニケーションこそ全て

恋愛至上なフランス人

恋愛は人生において必要不可欠なものである、フランスの人々はそう思っているのかもしれません。恋に生きる乙女や男性、恋をするためだけにフランスへ行こうとする人がいるのもなんだか分かる気がします。それくらい情熱的な、映画でも見ているかのような大恋愛が出来るかも知れないという期待を持っている人が多いようだ。その点については大いに結構、恋愛もすればする分だけその人が生きる原動力となるので、楽しみが増えればそれに越したことはない。

ですが勘違いしてはいけないのがフランス人、特に男性視点では恋愛とその人個人の人生というものは全く別物だと考えている点だ。仕事と恋愛という物凄い限定的な枠ではなく、大まかに言ってライフスタイルそのものまでに干渉するわけではない。それこそ先に述べたように年齢に関係なく恋愛を謳歌しているのが良い証拠だ。恋愛を楽しむのに年齢という垣根を設ける日本人と違って、フランス人の貞操観念はまた別物なのかもしれません。恋愛を楽しむことをモットーにしているフランス人ですが、そんなフランス人の恋愛観も中々複雑怪奇なものとなっているのです。

ニューヨークおすすめスポット

左京区、北区、東山区、上京区、中京区、下京区など人気のエリアの京町家を借りるなら京都 不動産 吟優舎におまかせ!京都の雰囲気を感じられる物件の情報が満載です♪ぜひご確認ください。

女性は女性、自分は自分

日本人女性の多くは結婚をすれば将来的には家庭に入って専業主婦をやるのが通例だった時代もありましたが、最近では結婚をして子供がいても仕事をする女性が増えました。中には子供が十分成長した頃には働くのは義務であるとばかりに考えている人もいるなど、女性だからといって生活力を持つのは別段悪いこととみなさなくなっている。ですが今の景気などから家庭に収まって、仕事から離れた養われた生活をしていきたいと考えている女性たちもいるのです。仕事をしていると嫌なことを経験したくない、だから夫や恋人から生活を支えて欲しいと考えている人が増えているのも1つの事実だ。

だがフランス人男性は女性を養う、という考え方は持ち合わせていない、というより女性が仕事をしていてもむしろそうすることが素晴らしいことだとさえ考えている。フランスは女性に対する人権が整っている国となっているので、日本とは違って雇用状況などもだいぶ違っているのも影響しているが、フランスは女性にやさしい国として見られているものだ。またこの国で幸せだと感じている女性は恋愛はもちろん、仕事や趣味といったものにも精力的に取組むなど非常にアクティブなのです。

フランス人男性はそんな女性と一緒に恋愛をすることをむしろ喜びとさえ感じてもいるようだ。中には女性に養ってもらっているケースもあるようだが、男性も仕事に励んで恋愛を楽しんでいるので平たく言ってしまえば男女の仲は常に対等であることが理想とされているようです。こうした点を踏まえると、養って欲しい感を出す日本人女性は物凄い場違いなのが明白だ。日本ではなんとは無しに受け入れられるかもしれないが、フランス人男性はそんな消極的過ぎる女性は人間としても、恋愛としても魅力のない人だと見なされてしまうようだ。

年なんて関係ない

仕事をしている点もそうだが、フランス人にすれば恋人は若ければいいというものでもない。日本人は20代、ある例外では20歳未満に性的関心を抱くちょっと問題のある人もいるが、どちらかといえば若ければ若いほど望ましいと考えがちだ。ここもフランス人は違って、むしろ年齢が高くても構わないと見なしている。若いに越したことはないだろう、一番肝心なのは自分個人がその女性を恋愛としてみた場合に恋人に相応しいか否かという視点だけに限って見ているからだ。

そういうことで30代になってもフランス人はこれからが一番恋愛が楽しくなるとまで考えているのも、ある意味お国柄なのかもしれません。

映画館へいこう

自分と一緒に成長できる人

こうした点を踏まえると、フランス人は恋愛をする上で大事にしているのは、共に成長することが出来て、自分のことを自分できちんと片付けることが出来る『自立した人間』が一番の見所としているのです。自活も出来ない女性は対象外と見ていい、そういう女性とはフランス人男性にしたら遊びで付き合っているだけと考えたほうが自然なのかもしれない。

また恋愛についても恋人と思っていた人が魅力がないと悟ると違う相手に情が移りがちなので、相手の気を止め続けるためにも人間的な魅力を損なわないように気をつけなくてはならない。

メニュー

スキとかキライとか

「アパート」「マンション」「一戸建て」宝塚 貸店舗がご希望をうかがいます。「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」が一般的?!